スポンサーリンク

【規制はまた緩和されます】パチンコを規制でやめれると思ってはいけません

パチンコのやめ方

みなさんこんにちは!ぶぶと申します。私のブログではパチンコ依存症克服へ向けたコンテンツを複数発信しています。

今回はパチスロ編です。

若干パチンコも当てはまりますが、どの道パチンコ・パチスロ辞めれるようになる思考を展開していきます。

※このコンテンツはパチンコ依存症の方へ向けたものですので専門用語の説明は致しません。

スポンサーリンク

パチンコを規制でやめれると思ってはいけません

ホールでは着実に5号機から6号機に移行しています。

一撃性があり夢があった5号機から設定通りにしか出ない6号機に今後すべてのパチスロ台が移行します。

「私はギャンブル性が低い台は打たない。完全に6号機に移行すれば無事に辞めれる」

「6号機のおかげでパチスロを辞めれるかもしれない✨」

こんなことを考えているあなた。間違いなく辞めれません。

本気で辞めたいのであればこのような思考はすぐに捨てて今日からホールに行かないことが最重要です。

パチスロの歴史から解説

ギャンブル性が下がれば魅力が薄れ、辞めれるかもしれないと思うのは当然かもしれません。

しかし、過去の歴史を見てみれば「環境に依存して辞める妄想」は間違いであると言えます。

パチンコ・パチスロは過去に何度も出玉規制を受けています。

4号機時代はパチンコ産業の絶頂期でしたが、徐々にリスクとリターンが激しくなっていきミズホ(現ユニバーサルエンターテイメント)から出た「ミリオンゴッド」は圧倒的な出玉の代わりにとんでもない吸い込みでした。

今では考えられませんが1日で100万円の交換が現実的であった為、ユーザーはいくら諭吉を突っ込んでも「戻ってくる」という妄想に駆られひたすらサンドにお金を入れました。

当時は総量規制も緩かった為消費者金融から自分の年収を超えるお金を借り入れるユーザーがたくさんいました。

総量規制の内容と突破法に関してはこちらを参考にして下さい
パチンコで300万円の借金を抱えた私が地獄ループを抜け出した方法 | ぶぶらいふ
私、24歳の時に300万円の借金をつくりました。 理由ですか? ギャンブルとショッピングです(^^) 返済しては借りるの無限ループをしています! いかがですか?かなりのクズですね!笑 こんな私も29歳になりました。 現在、無事に地獄ループから脱出することに成功しました! ~こんな人に読んで欲しい~ ・借金で悩んでいる人...

結果的に莫大な借金を抱え、どうすることもできなくなったユーザーで溢れました。パチンコ店内のトイレで自殺も普通にありました(私は元パチンコ店店員です)

このような惨状になってしまった為規制のメスが入ります。出率を抑えた5号機へと移行したのです。

5号機になったことで千円あたりの回転率も増え、出玉が増えるまで時間がかかるようになりました。

事実として多くのギャンブル性を求めるユーザーが離れていったのは事実です。

しかし、一定数のユーザーは確実に残っています。この記事を見ているあなたもその一人かもしれません。

なぜまた5号機から6号機へ?

5号機へと変わり、大幅に出玉が規制されましたが、徐々にギャンブル性が増していきます。

最初は純増1枚が当たり前だったのが「純増2枚」というマシンが登場していきます。

千円あたりの回転数も徐々に少なくなっていき、結果として得るリターンも大きくなりました。

そして「純増3枚」のマシンが登場します。

有名なのはアナザーゴッドハーデス、オキドキ、ミリオンゴッド神々の凱旋などです。

これらは5号機ですが、1日に20万円以上の交換がごく現実的です。

代わりに回転数も千円あたり20以下と、だんだん4号機と変わらなくなってきました。

私事ですが、私はハーデスが大好きでして、万枚を5回以上出しています。

しかし収支を付けていた為分かるのですが、ハーデスへの投資総額は82万円です。

そこまで勝っていませんし、大きく残ったのは強烈な依存でした。

出率を抑えるはずの5号機にギャンブル性が戻ってきたことで6号機への規制が始まります。

今度はなかなか厳しい規制で「設定1は絶対に出ない」「誤爆はまず無い」「設定6でもあくびがでるようなグラフ」となっています。

このような状況で4号機から5号機への移り変わりと同じように一定数のユーザーは離れますが、また一定数ユーザーは残るのです。

ホールにはパチンコがあることを忘れるな

「パチスロは打つけど、パチンコは打たない」って方も多いと思います。

両者は同じホール内にありながらも遊戯性は異なります。

ただ、一つ共通点があります。

どちらも強烈に依存します。

そしてホール内にパチンコ・パチスロという二種の台があるのはなぜか?

ユーザーを離さない為です。

パチンコ依存症の方なら分かると思いますが、パチスロに規制が入った時パチンコの出率甘くなってませんか?

パチンコのMAXが撤去されたときパチスロの出率甘くありませんか?

依存症の多くの方の思考はこうです。

●パチスロ最近つまらないなぁ~辞めるか、、いや、パチンコ打ってみよう!!

●パチンコ最近でないなぁ~辞め時かな、、パチスロ打ってみよう!!

あなたもそうではありませんか?

多く依存症の人は最初はパチスロから始めたという方もいれば、パチンコから始めたという方もいます。

それが長年のホール通いをしてパチンコ・パチスロどっちもやるってなるんです。

正直この「どっちもやる」は最悪です。もうずぶずぶです。

でも結局パチンコ屋さんも商売ですから、あなたがこのようなユーザーになってくれるように努力しているんです。

規制を何度も受けながらもユーザーを離さないように経営戦略を練っているんです。

パチスロが6号機になれば辞めれるとまだ思いますか?

まとめ

規制でホール内の環境が変わっても、あなたがパチンコ屋さんに行く行為を辞めない限りパチンコ・パチスロを辞めることはできません。

6号機の次の6.5号機7号機がもっと規制が厳しくなると言い切れますか?

私はそうは思いません。

今のままホール通いを続けていれば10年後も20年後もあなたの視界の前にあるのはいつもの爆音と光を発する機械です。

晴れてパチンコ・パチスロを辞めたあなたの周りのパチンコ仲間はその10年の間に何をするでしょうか?

努力をしてあなたが想像できない姿になって輝いているかもしれません。

結婚して幸せな家庭を築いているかもしれません。

10年後のあなたはどうなっていたいですか?まだ音と光を発する機械割に従順な台にしがみ付いていたいですか?

決めるのはあなたですよ!今日から辞めましょう!解放されましょう!

補足

私のブログではパチンコ依存症克服へ向けたコンテンツを複数発信しています。

パチンコ依存症は精神論で辞めれるほど甘いものではありません。

あなたの確固たる決意+”行動”が鍵となります。

具体的な行動指標も発信していますので参考にして下さい。

パチンコやめたい人必見!!週7でパチンコ屋に通ってた私がきっぱりとやめれた方法を紹介 | ぶぶ LIFE
パチンコを辞めたいのに辞められずに苦しんでいるあなたへ。 分かります!!私もかつては同じでした。 ただ、これだけは分かってほしいのはパチンコ依存症になってしまったのはあなたの責任ではありません!! なぜか? パチンコは人が依存するように念入りに作られているからです。 ホール内の爆音に台から発せられる光は何のためにあるの...

コメント

タイトルとURLをコピーしました