スポンサーリンク

ぶぶ のProfile

【はじめに】

皆様初めまして(*^-^*) ぶぶと申します。

数あるブログの中からお越し頂きありがとうございます。

私は現在会社員でありながら副業としてwebビジネスをしております。

独学でwebビジネスの勉強をはじめ、ブログを始めて1週間で初収益を達成しまし

た!実際に給料以外に収益が発生したことにかなり驚愕しました( ゚Д゚)

そんな私は学生時代にギャンブル依存症が原因で300万円の借金を抱えました。

一時期夢も希望も失いましたが、周囲の理解と意識改革によって何とか立ち直り

地獄の生活を抜け出すことに成功しました。

底辺の人間から普通の人間へと回復し、そこから先はwebビジネスを通してさらに高

い目標へ向かって走り続けています!

私と同じように【悪い借金】で困っている方、webビジネスに関して分からない方が

いらっしゃいましたらお気軽にご相談下さい!

今日から借金地獄とはおさらば!!300万円の借金を抱えた男が地獄ループから抜け出した方法

 ぶぶ(あだ名)

 ・会社員 ・29歳 男性

 ・独身(´;ω;`)ウッ…

 【スペック】

 ・TOEIC700以上 ・営業職歴5年

 ・書道5段 ・ベンチプレス105㎏ 

【Profile】

スポンサーリンク

学生から社会人へ

1991年神奈川県横浜市出身です。

高校時代はラグビー部に入部し、部活をしに高校に行っていたようなものでした笑

【高校1年生の時】

身長:185㎝ 体重65㎏

  ↓

【高校3年生 部活引退の時】

身長:185㎝ 体重90㎏

身長が1㎝も伸びていませんが、体重が25㎏増えました!人は本気を出せばここま

で変われるものなんですね!ただ、やはりハードなスポーツですので

骨折3回 靭帯損傷2回 しました笑

ラグビーやっていた人なら分かると思うんですけど、擦り傷とか捻挫はもはや怪我と

見なされないことってありますよね!(;^ω^)

そんなこんなで3年間やりぬき、都内ベスト4まで登りつき、後悔なく引退しました。

【大学生活】

大学は高校時代の反動もあり、とにかく遊びました。ただ遊んでいればいいものの、

ギャンブルにハマってしまったんです((+_+)) ギャンブルにハマってからはろくに

大学に行かずに毎日パチンコ屋さんに入り浸る生活。そのうち歯止めがきかなくなり

ついには借金をします。

【社会人】

全く勉強してこなかった私も無事に社会人になることができました。入社してからも

相変わらずパチンコ通いが続きます。社会人になったことで借金の上限額も上がり、

ついには借入額は300万円になっていました( ;∀;) そこからは給料日に毎月返済

してはすぐに借りるのループです。完全に貧困スパイラルに陥っています。

【貧困スパイラル】

✅仕事が忙しい・・日々の仕事が忙しくて余裕がありません。

✅休日は主に浪費活動・・お金の使い道三選「消費・浪費・投資」の中で最も生産性のない浪費に走ります。ストレスが多い為です。

✅借金をする・・借金は消費者金融からの借り入れに限らず、クレジットカードのリボ払いや、ローンなども含みます。世の中には知らず知らずに借金できる罠がそこら中に張り巡らされています。

✅嘆いてはいるが、勉強はしない

【貧困スパイラルにより出来上がる人】

仕事が忙しくて借金もあることから会社の奴隷となり、働き続ける。

仕事自体も忙しい為、転職活動や勉強をする余裕もない。

結果、状況が変わらないまま厚生年金を納税し続ける。

はい、完全に私ですね笑 このループを抜け出したいと嘆くものの、ろくな勉強もせず

諦めかけていました。「自分はずっとこのまま年をとっていくんだ、、」と。

思い立ったらその日から行動する

あるきっかけで私はこのループを終わらそうと心に誓います。簡単なことではありませ

んが、私の場合「ギャンブル」という悪習を終わらせれれば必ず抜け出すことができる

と考え行動に移しました。

私はその日から身の回りにあるギャンブルに関連するものを全て捨てました。

YouTubeの登録チャンネルや、メルマガなど、関わりのあるものは全てです。

ギャンブルをしなくなった私の生活は一変しました。

✅お金が減らない

✅金銭感覚が戻る

✅向上心が増す

万年お金の無かった私ですが、ギャンブルを辞めたことでお金が減らない為、給料が

余るのです!( ゚Д゚) 順調に借金も減っていき、そのことで心に余裕が生まれ、今ま

でギャンブルに費やしていた時間を全て勉強の為の時間に切り替えることができまし

た。 

webビジネスの存在

だいぶ生活に余裕が生まれてきたころ、副業したいと思うようになりました。

月に3~5万円稼げれば良いなと思い、休日にできるアルバイトを探しました。

すると「副業」と検索したページに「webビジネス」の文字があり、興味本位で

見てみることに。そこには在宅でパソコン一つでお金を稼ぐ人が世の中にはたくさん

いると書いてありました。”超”が付く程の情弱な私はアルバイト以外に稼げる副業な

ど知りませんでした。ましてやwebビジネスなんて絶対に怪しいと思い、最初は全く

信用していませんでした。

ただ、やはり気になってはいた為、その後も検索して調べてみたり、YouTubeで成功

者の方のチャンネルを見てみたりして勉強をつづけました。

そうこうしているうちに最初は全否定していたwebビジネスに対して「今すぐやりた

い!」と思うようになり、ブログを開設。

開設してからは独学の為、何をするにも物凄い時間がかかりました。

例えば分からない項目があったらググって調べる。解説文にも分からない単語があ

る。で、またその単語を調べるとまた分からない単語が、、、、笑

そんな感じで途方もない時間がかかる為、平日は仕事が終わって帰宅してから毎日3

時間、休日は10時間以上、全てブログに関しての勉強に捧げました。

開設してから1週間たった日、初収益を得ることができたのです。

この時の嬉しさは忘れられないものです。

できることを目標にして確実にステップアップしていく

私がサラリーマンと平行して副業を継続できている理由は「できる目標」を設定して

いるからだと思います。

例えば初めから「副業で月100万円!!」っていう目標も素晴らしいと思いますが

いざ始めてみた時の理想と現実の大きな乖離に心が折れてしまいます。

もちろん世の中にはそのような状況でも折れないスーパーマンがいることを知ってい

ますが、私は折れてしまう人間ですのでまずはできることを目標にしました。

具体的にはできる目標の中でも現時点でのゴールの目標を念頭に1か月、1週間、

1日単位別に小さな目標を立てます。

【大きな目標と小さな目標 例】

✅大きな目標

現時点でのゴール。私はここに「月10万円」という数値を設定

✅小さな目標

【1か月】記事を20記事書く

【1週間】週に5記事書く。2日休んで良い。

【1日】1記事書く。また、情報収集の為の勉強や平行して運動もする。

この中で言うまでもなく一番難しいのは1日単位の目標です。

なぜならその日その日でモチベーションが変わってくるからです。

「今日は疲れているから」「明日やろう」などと言って人間はこうなると何かしら理由

を付けて「やらない方向」へと持っていきます。ただ、ここでやらないと目標の達成は

できません。日々を積み上げないと週目標どころか、ゴールを達成できないからです。

打開策としては、副業も”やらなければいけないこと”に認定することです。

あなたは本業に対して「今日は気分が乗らないから行かない」なんてことはありません

よね?どんなに気持ちが乗らなくても仕事に行きます。副業も決めたからには同じよう

にやるのです。「モチベーション」は心のどこかで優先順位の低いところに働きかけま

す。”ランニングを始めたけど、今日はやらない”と思うのは、やらなくても誰にも怒ら

れませんし、出世にも直接影響しないからです。本気で何かを継続するにはその対象を

義務と認識することが必要です。

誰もが挑戦できる時代

現代はネットの発展により誰もが挑戦できる時代となっています。これはもの凄い

チャンスがそこら中に落ちているということです。ネットが無い時代では人々は自分

の身近な人としか関わることができない為、比例して情報量も極端に限られます。

情報量が限られれば、その情報から得ることが常識となり、自分自身の環境に疑問す

ら持たないことになります。資本主義において経営者は経営者の常識を持ち、逆に労

働者は労働者でいることに疑問を持ちません。

今はネットを通じて様々な人の生き様を知ることができます。得られる情報量が爆発

的に増え、選択肢が大幅に広がりました。落ちている「チャンス」を拾い上げ、自分

の成長にコミットしていくかはあなた次第です。

最後に

スマホが普及して10年で世界をがらりと変えたように、今後の世の中はテクノロジ

ーの発展によりますます速く変化していくことが予想されます。

そんな中、日本では「終身雇用」「年功序列」が崩壊しました。これから求められる

のは個人で生き抜く力です。米国では個人で生き抜けるように小学校の時から授業に

「投資」という科目がありますが、日本にはありません。投資どころか、お金に関して

は誰も教えてくれませんよね!

日本は世界の中では裕福な国ですが、貧困率もTOPクラスです。米国の研究者が

「貧困と労働時間の関連性」に関して調べた時に題材にされたのが日本です。

日本は勤勉で真面目に働く人が多い。治安も世界中でTOPクラスに良い。

しかし、貧困である。なぜか?これは国内で貧富の差が激しいことが明確に

言えます。

ただ、幸運にも現代は誰しもが挑戦し、成功できる時代です。

それは思い立った今日から始めることが第一歩となります。

あなたも今日から一緒に広い視野を持ち、人生を豊かなものへとしていきましょう!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました