【パチンコ・パチスロをやめる方法】まずは自分がパチンコ依存症であることを自覚しよう

パチンコのやめ方

 

パチンコを辞めたいのに辞められずに苦しんでいるあなたへ。

分かりますよ!

私もかつては同じでしたから。

 

パチンコ依存症になってしまったのはあなたの責任ではありません!!

なぜか?

 

パチンコは人が依存するように

念入りに作られているからです。

 

台から発せられる爆音と激しい光は何のためにあるのか?

依存させる為です。

 

こんなことはありませんか?

 

✔勝ち負け度外視でパチンコを打っている
✔パチンコを打つために借金をしている
✔パチンコが原因で家族や友人に何度も嘘をついている

 

当てはまったあなたは既にパチンコ依存症になっています。

 

もちろん世の中には本当にパチンコを適度に遊んでいる人もいます。

 

そういった方にとっては

パチンコはとても有意義な趣味かもしれませんが、

少なくとも借金したり、

嘘ついてパチンコを打っているということは

続ければ間違いなく破滅します。

 

あなたが今の現状を抜け出し、

本来の自分を取り戻すには

パチンコ依存症を克服するしか道はありません。

 

しかしそれは非常に困難なことであり、

一時的に辞めれても、すぐに再発します。

 

本コンテンツでは重度のパチンコ依存症であった私が

完全に依存症を克服できた方法と経緯を紹介していきます。

 

なぜそんな方法を紹介するのか?

 

それはあなたが本当に辛い思いをしてることを知っているからです。

 

私も本当に辛くて辛くてたまらなかったのですが、

克服してからは嘘のように生活が一変します。

 

是非ともあなたにもパチンコが無い生活を味わってほしいのです。

 

自己紹介ページ

・元パチンコ依存症

・パチンコで借金300万円

・現在はパチンコ依存症を克服してパチンコをやめる方法を発信中

※ただスマホを眺めているだけでは

到底パチンコをやめることはできません。

最終的に行動することが大事です。

何としてでもパチンコ依存症を克服して

明るい未来を取り戻して見せましょう!!

過去は変えれませんが、未来は今日からの行動で変わります!

スポンサーリンク

パチンコを辞めると決意しても翌日行ってしまう

パチンコ依存症は本当に怖い病気です。

本気で辞めると決意しても

翌日にはホールに到着なんて話はざらにあります。

「本人の意志が弱いからでは?」

違います!

分かると思いますが、

ある程度勝負できるお金が手元にあって

”パチンコに行きたい”

と思った時点で制御するのは不可能です。

”今日は1万円だけ勝負”

なんていうあなたの計画

パチンコ台を前にした瞬間から崩壊しています。

こうなる原因はたいていの人が

パチンコを辞めると決意するのが大負けした日だからです。

そもそも勝ち続けている期間は辞めようと思いませんよね?

連勝が続き有頂天な気分になり、

ある時からまた負け始めて

勝ち分もすぐに無くなり追加融資を受ける。

結局はこのループなのです。

パチンコは勝った記憶が鮮明に残り負けた記憶は端に追いやられます

自分がパチンコ依存症であることを認めて下さい

だいたいの人は自分が依存症であることを認めようとしません。

確かに依存症にも軽い症状のものから

重い症状のものまで段階的にありますが、

依存症の怖いところは続けていれば誰しもが重度の依存症になります。

よくパチンコ屋さんのトイレとかに

依存症チェックリストが貼ってありますよね。

私はあの項目は全て当てはまりました笑

ソース画像を表示
引用元:特定非営利活動法人 リカバリーサポート・ネットワーク

パチンコ依存症克服への道はまず

”自分が依存症であることを認める”

ことから始まります。

✅嘘をつく

✅支払い用のお金に手を出す

✅パチンコをしていると熱くなる(思考停止)

✅開店から閉店までいる

✅家族、恋人、友人と些細なことでもトラブルがある

これら一つでも当てはまれば依存症です。

当てはまった人は私のように

今日から依存症克服へ向けた一歩を歩みだしましょう!

まだそこまで悩んでいない人も

これから重症化するリスクは大です。

借金を抱えてしまってからでは遅い為、

今のうちから対策をしましょう!

パチンコで勝ち続けることは困難です

先ほども記述しましたが、

だいたいの人が

”パチンコを絶対に辞めてやる!!”

と思うのは大負けした日です。

 

例えばミリオンゴッドで

万枚を夢見て突撃してお昼ごろに10万円負け。

 

北斗無双で1,000ハマりして思考停止になる。

 

私はこのような絶望的な状況を数えきれないほど経験しました。

 

でも辞めれないのです。

 

なぜなのか。

 

✅過去に大勝した経験が脳に強烈に焼き付いている

✅大負けすると辞めたいと思うと同時に取り返したくなる

✅家に帰って暫く考えていると「明日は勝てる」という謎の思考に変わっている

✅失った10万円を1度で取り戻せなくても連勝すればいい

 

こういった感じで結局は翌日にパチンコへ行ってしまうのです。

 

ただ、大負けした次の勝負は慎重になります。

 

天井狙いや回転率の良い台を探し勝ってしまうことも多いです。

 

そうなると「やっぱり俺はいける」と勘違いし、同じループに陥ります。

 

注意点としては毎回シビアな立ち回りをすれば勝ち続けることは可能です。

 

ただ、それは非常に根気が必要でかなり体力と精神を消耗します。

 

そういったプロの方の努力はとんでもないものであり、

継続して真似することは専業にでもならない限り困難です。

 

少なくとも依存症で悩んでいる方は相対的に負けている方です。

 

負けているということは、

このようなシビアな立ち回りを継続できていないということです。

 

”最近勝っているから今日はまったりと好きな台を打つ”

こういった考えが浮かんでしまうようでは

勝ち続けることはできません。

パチンコを打ち続けた10年後の自分を想像してください

短期的な勝ち負けだけで

感情が左右されているようでは決してパチンコは辞めれません。

なぜならその短期間で「勝つ時」があるからです。

パチンコ依存症の人は

「勝った」

という経験が最近にあるうちは決して辞めることはできません。

最も重要なのはパチンコから離れることなのです。

しかし、この離れるということが物凄く難しいのです。

そこで私がパチンコを辞めれた方法の1つである

「10年後の自分」を想像してみて下さい。

軽く想像するのではなく、徹底的に考えて下さい。

少なくとも私の場合はこのような未来予想になりました。

✅10年後は37歳である

✅このままパチンコを続けていれば10年後も今の借金が残ることは確実

✅もしかしたら自己破産をしているかもしれない

✅会社とパチ屋の往復人生だから自分の成長もなにもない

✅独身 平社員 低収入 借金300万 スキル無し

夢も希望もないですよね笑 

ただ、実際に今もパチンコを打ち続けていれば

こうしてコンテンツを書いていることも、

副収入を得ることもできていません。

有限な時間を無駄に使い、

何も成長することもなく今もパチンコ台を

死んだ魚の目をして打ち続けていたでしょう。

ここでさらに大事なのは

自分の想像した絶望的な未来を紙に書いてください。

もしくはスマホにメモでもいいです。

そしてこれを毎日見てください。そして毎日考えてください。

これであなたの思考は

「パチンコ辞めたい」

から

「パチンコは辞めなければいけない」

に徐々に変わっていきます。

何度も言いますが、

本気でパチンコを辞めたければ必ず実行してください!

パチンコはこれだけでは到底辞めれません

本気でパチンコを辞めたいのであれば

短期的な思考でなく、

あなた自身の絶望的な将来を想像して

毎日自分に突き付けて下さい。

 

ですが、これだけでは当然辞めれません。

 

パチンコ依存症はそんなに甘くないです。

 

次のステップに進む為に【その2】もあわせて読んでみて下さい!⇩

コメント

タイトルとURLをコピーしました