スポンサーリンク

【パチンコやめたい大学生へ】人生の貴重な4年間を無駄にするな!

パチンコのやめ方

大学生
大学生

今日は1限の授業を受ける為に早起き

したのにパチンコ打ってしまった。

ダメなことをしていると分かってはいるけど

何かと自分に言い訳をして行ってしまう。

駅前にはパチンコ屋は必ずといってもいいくらい

あるから気軽に行けちゃうのも原因だ。

なんとかしてやめないとなぁ、、。

大学に入ってからパチンコにハマる人は多いです。

理由は時間があって自由だからです。

しかし、あなたの貴重な大学生活の4年間をパチンコに費やしてしまうことで後に大きく後悔する可能性があります。

この記事を読んで分かること

・大学の4年間は貴重な時間である

・パチンコで大学生活を潰すのは非常にもったいない

・大学生は勉強すれば周りとかなりの差を付けれる

・大学生の時からビジネスを始めれば後の人生で大きく有利になる

スポンサーリンク

【パチンコやめたい大学生へ】 大学生活は貴重な時間です

今大学生のあなたは分からないと思いますが、大学生活は本当に貴重な時間です。

4年間という時間はあっという間に過ぎ去ります。

この4年間をどう過ごすかで後の人生に大きな影響を与えます。

✅部活を頑張っている

✅勉強を頑張っている

✅アルバイトを頑張っている

何かを頑張る人は周りと大きな差を付けて成長します。

その差はすぐには表れませんが、4年という月日が流れた頃には何も頑張っていない人と比べれば天と地の差が付いています。

あなたは今何を頑張っていますか?

このページを見ているということは毎日授業をさぼってパチンコを打っていることでしょう。

「パチンコを打ちたい強烈な誘惑に負けて今日も行ってしまった、、。」

「友人も授業をさぼってパチンコ打っている。私だけじゃない」

このように考えているのだとしたら今すぐパチンコをやめることを進めます。

大学生活をパチンコに費やすということは、自ら進んで「社会の底辺」へ向かっているということ

あなたが授業をさぼってパチンコ屋で2万円~3万円の勝敗で一喜一憂しているころ、周りの一部の学生は真剣に授業を受けて成長しています。

あなたが授業が終わった後にパチンコ屋でジャグラーを打っているころ、周りの一部の学生は部活を真剣に取り組んで成長しています。

頑張っている人と接点が無ければ、頑張って得た教訓や情報をあなたに共有してくれることはありません。

あなたがパチンコでいくら負けようが勝とうが、同じパチンコ仲間にしか共有できない情報です。

パチンコを打っている限り成長は止まります。

頭の中はパチンコで埋め尽くされ、パチンコ以外に興味を持てなくなります。

一方で努力する人は日々小さな成長を積み上げています。

4年後にあなたと努力した人の差はどう頑張っても埋めれないほど開いています。

あなたはその現実から目を逸らしたくなります。

当然、就活の際は実力の差が可視化されます。

周りは大企業に合格したり、行きたい会社に行けたり。

4年間実績も努力した痕跡も無ければ働ける企業も限られてしまいます。

この時点で既に社会の”上”には行けなくなります。

自ら進んで”底”を向いた結果です。

大学生活をパチンコで無駄にした「損失額」は計り知れない

大学生活をパチンコで無駄にした場合、損失額は計り知れません。

単純に大学生活を満喫した人と、パチンコで無駄にした人の在学中の損失額は4年間の授業料+交通費でざっと500万円程でしょう。

「パチンコは打っていたが、アルバイトはしていた」

という人もいると思いますが、単純に授業をものにしていない時点で損失額は変わらないでしょう。

問題は在学中ではなく、就職後です。

まず、パチンコが原因で「就職ができなかった、正社員になれなかった」という人。

努力して数年後に就職できたとしても、最初から就職できた人と比べれば下手したら1,000万円以上の損失が生じます。

大学生活を無駄にしたパチンコを就職した後も打ち続ければ、仕事の成長意欲も留まり、一向に損をし続ける人生になります。

それに気付いた時、途方もない後悔と罪悪感に襲われます。

「大学に行かせてくれた親のお金を無駄にしてしまった」

「奨学金の借金だけが残った」

「パチンコにハマる前に戻りたい」

こういった後悔の思いで奮起することができて巻き返せればいいのですが、大抵の人は「今更遅い」と諦めてしまいます。

こうならない為にも今すぐにパチンコをやめる必要があります。

なかなかパチンコをやめれないあなたへ

このままパチンコを打ち続けるデメリットを分かって頂けたでしょうか?

せっかくの大学生活を無駄にしてしまうことはとても勿体ないことです。

しかし、簡単にパチンコはやめれるものではありません。

もしかしたらこのページを読んでいるあなたも本当はパチンコをやめたいと思っているのにやめれない状況にあるかもしれません。

それはもはやパチンコが趣味ではなく、パチンコ依存症になってしまっている可能性が高いです。

パチンコ依存症は病気です。

自分自身が病気であることを自覚して治さなければ今後もパチンコ生活からは抜け出せません。

ですが、安心して下さい。

しっかりと対策すればパチンコはやめることができます。

現に、元パチンコ依存症の私がやめれていますからね!

パチンコを本気でやめたいという方はこちらの記事を参考にして下さい。

きっとあなたの役に立てるはずです。

大学は勉強すれば簡単に周りと差が付く

大学生活を謳歌しているあなたはしっかりと勉強しているでしょうか?

テスト前に詰め込んで何とかすり抜けていたり、出席さえすれば単位を貰える授業を進んで選んでいますか?

決してこのようなことが悪いということはありません。

実際に周りの友人も多くが目先の誘惑に負けてまともに勉強している人の方が少数でしょう。

しかし、このような環境だからこそ、勉強すれば簡単に周りと差を付けることができます。

あなたがパチンコをはじめてまだ間もないのであれば、まだ完全にパチンコに依存していないかもしれません。

授業以外に自分の興味のある事柄を勉強してみることで周りとの差を実感できればそちらにシフトチェンジできるかもしれません。

大学生の時からビジネスを始めることは超有益

大学生はとにかく時間があります。

社会人の私からしたら羨ましい限りです。

そして、大学生の時からなんでも良いからビジネスを始めることは非常に有益です。

ビジネスの種類はなんでもいいです。

ブログ、YouTubeなどの広告収入でも良いですし、せどり、転売でも良いです。

若くて時間があることは最強です!!

何かしらはじめてみて、合わなければやめちゃえばいいのです。

いくらでも試行錯誤ができます。

しかし、社会人になってからではそうはいきません。

毎日時間が無いうえに、休日は疲れて何もやる気が出ない。

始めてみてもすぐにやめてしまう。

そんな人ばかりです。

大学生の時からビジネスをはじめて毎月10~20万円ほど稼げるようになれば気持ちにかなり余裕が生まれます。

就活の時も焦らず、自分に合った会社を見つけやすくなるでしょう。

もしあなたが今パチンコをやめたくて何か良い方法は無いかと模索しているのだとしたら、ビジネスを始めてみるのも良いでしょう。

結局パチンコを打つ理由は突き詰めればお金ですよね。

ビジネスをはじめてお金を稼げるようになれば、自然とパチンコをやめれるようになるでしょう。

「でも実際に何をすればいいか分からない」

そんな方はこちらを参考にして下さい。

今日からブログを始めることができますし、やる気があれば今日1日で2万円くらいは稼げます。

パチンコをやめるきっかけになれば幸いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

大学の4年間はあっという間に過ぎ去ります。

その貴重な時期に何をやったかで今後の人生に大きく影響します。

4年間遊びつくしても、卒業後に頑張ればいくらでも挽回できます。

しかし、大学生の時から何かしらの事を頑張った経験は何もしなかった人と比べれば差が付くのは当然です。

貴重な時間をパチンコで無駄にしているのであれば、今日から別のことに注力することをお勧めします。

何事もメリット、デメリットがありますが、この分野(パチンコをやめる)に限ってはメリットしかありません。

あなたのお役に少しでも立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました