【老後の資産形成】無策は危険!?オンラインでファイナンシャルプランナーに無料相談して解決

ぶぶの雑記
悩む人
悩む人

ほとんどの人が老後2,000万円不足すると言われているけど、実際にどのような対策をすればいいのか分からない。

ネットで調べても情報が多すぎて調べれば調べるほど分からなくなる。

しっかりとした知識を持った人に

自分に合った資産形成を教えて欲しい。

こんな疑問にお答えします。

コンテンツの内容
・自分に合った資産形成をプロに相談する有効性
・損しない為に他社と比較することの必要性
・資産形成のプロに無料で相談する方法

スポンサーリンク

現在の自分の状況から判断する

資産形成の方法は調べればいくらでも

出てきますが、それが自分に合った内容でないと意味がありません。

 

・現在借金がある。
・結婚していて子供もいる。
・今現在の資産は貯金のみ。

 

様々な状況の中で最適な行動に移すには専門的な知識をもつプロに相談するのが時間的にも、後々後悔しない為にも必要です。

東大式FPとは

今現在、ファイナンシャルプランナーに資産形成や保険を相談できるサイトが数多くありますが、私個人的に

勧めなのは”東大式FP”です。

お勧めする理由は下記の通りです。

 

 

✔無料でファイナンシャルプランナーに相談ができる。

✔ZOOM等のオンライン相談ができる。

✔複数の保険、証券会社を例に手数料比較もできる。

 

ファイナンシャルプランナーに相談するとなるとどこかの会場に指定された日程に出向く必要があると思ってしまいますよね!

 

ですが、東大式FPはオンラインで無料相談ができるので、自宅に居ながら悩みを相談することができます。

 

また、”東大式FP”は様々な保険会社の代理としての役割を持っていますので、特定の会社の商品を贔屓して勧めるようなことはありません。

 

○○保険会社の社員であれば、もちろん自社の商品のみ扱うことになりますが、様々な会社と提携している為、その中でも色々な条件を照らし合わせてお客様に合った商品を提案してくれます。

 

なぜ無料なのか?

これは東大式FPに限られたことではありませんが無料のセミナーや個別相談の業務内容は保険の代理店や不動産商品の取り扱いなどです。

 

保険の代理店は保険契約の締結の代理や媒介をする取次ぎをします。

 

契約すると提携している保険会社や証券会社から手数料が入り、その会社の利益となります。

※お客様からは手数料は取りません。

 

金融や保険に限らず、全ての産業において

”代理店”、”仲介会社”は提携会社から

手数料を貰っていますので、難しく考える必要はありません。

しつこい勧誘は無いのか?

「しつこい勧誘があったら嫌だな」

 

こういった思いから相談するのを

踏みとどまる人もたくさんいます。

 

私(筆者)もその一人で、実際に

相談してみるまでそう思っていました。

 

実際に東大式FPを利用してみると

強引な勧誘は一切なく、現状に見合ったプランを提案してくれました。

 

”今すぐ契約しなければいけない”

 

こういったこともなく、例えば

現状余裕がない中でいかに資産形成を

していくか、または余裕が生まれるのはだいたい1年後の場合は再度1年後に

相談に乗ってくれる約束をしてくれたり安心して利用することができました。

 

また、数ある保険会社の中で、各社の

手数料や制度を細かく教えてくれるので本当に自分に合ったプランナ上、損しない会社を選ぶこともできました。

 

東大式FPに無料相談する方法

\ 今ならハーゲンダッツ券貰える /

”無料相談ページ”に移行しましたら

必要事項を入力して申し込み完了となります。

その際に、氏名、アドレス等の基本事項に加えて相談したい内容を入力する枠がありますので、

そちらに詳しく書いておけば、面談当日スムーズに本題に入ることができます。

 

入力し送信後、先方から面談日とZOOM等のURLが送られてきます。

後は指定日にアクセスして自宅からプロに悩みの相談をして

問題を解決して下さい。

老後に向けた資産形成を何もしないのは危険

日本では終身雇用制度、年功序列制度

が崩壊しつつあります。

今までの常識は簡単に崩れ去り、今後は企業が個人を守ってくれるようなことは難しくなることが簡単に予想されます。

 

悲観する声も多いですが、世界では終身雇用や年功序列は逆にマイノリティーであり、

長い間このような制度を維持できた日本が珍しいのです。

 

2021年現在、蔓延する”自己責任論”は

今後益々顕著になっていくでしょう。

 

将来の安心と豊かな暮らしをつかみ取るには今の内からしっかりと対策することが必須と言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました